04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1994年のイギリス/カナダ/オーストリア合作映画。
監督:ロジャー・スポッツウッド
主演:アラン・リックマン

フランツ・アントン・メスメルを描く。日本では未公開。
18世紀のウィーン、メスメルは「動物磁気説」を唱える。動物の体内を流れる磁気の流れの偏りや滞りが病気の原因であるとし、メスメル自身に流れている磁気でその流れを調整することにより治療するというもの。映画では貧しい人々や目の見えない少女に対して「動物磁気説」に基づいた治療を行うシーンが描かれている。
もちろんこの治療法は非科学的なものであり、メスメル自身もその効果が暗示によって引き起こされているということがわからなかった。呪術的、オカルト的な儀式に近いものである。ウィーンの医師たちはメスメルの治療法を「大衆を惑わすもの」として、否定した。

メスメルはウィーンを去りパリへ移住する。当時のフランスはルイ16世とマリー・アントワネットの時代。メスメルはパリで成功を収める。貴族や資産家などの有力者に支えられ、サロンにおける名士にもなる。「宇宙調和協会」という結社も主催し、フランス革命前夜の思想にも影響を与えた。しかし、1784年、フランス王立科学アカデミーはベンジャミン・フランクリン、化学者のラボアジェ、ギロチンの発明者ギヨタン博士などによる調査委員会を組成し、「メスメルの主張する現象は、人間の想像力によって引き起こされる現象であり、動物磁気の存在を証明するものではない」と結論づけた。

この映画はメロドラマ的なトーンで描かれており、特に大きなヤマ場というものもない。アラン・リックマンはメスメルの妖しさをよく演じているが、全編を通して暗い色調で、苦しみと悲しみの多い映画であるように感じられた。

スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 映画
マジックの古典的な演目に「読心術」というのがある。
また、一時期エンターテイメントとしても流行した「交霊術」というものもある。
(欧米において、近代スピリチュアリズムの契機となったもの)

この映画では「読心術」や「交霊術」がモチーフとして描かれている...らしい。

実はまだこの映画を見ていないので、「らしい」と書いた。
日本では未公開の映画だが、WOW WOWで放映されたらしい。

<参考サイト>
悪魔の往く町

フィルムノワール傑作選

この映画が、今度東京でも上映される。
シネマヴェーラ渋谷の案内

2010年9月12日(日)に上映予定。
観に行ってみよう。


  • このエントリーのカテゴリ : 映画
2009年製作のアメリカ映画 スパイク・ジョーンズ監督  マックス・レコーズ主演

この映画の原作は、モーリス・センダックの作による同名の絵本。
家族の中で孤独を感じた少年が旅に出て、「かいじゅうたちのすむところ」に行く。
その世界でのできごととかいじゅうたちとの交流が描かれる。

童話を原作としているので子供向けのファンタジーであるようにも見えるが、実際には大人向けの映画ではないだろうか。
「かいじゅうたちのすむところ」の人間関係(?)も複雑で微妙なところがあり、それを読み取るのにはそれなりの社会的体験が必要だからだ。

少年がいくつかの出来事を通じて旅立つ前に感じた、家族の中での孤独感と破壊への衝動とが「かいじゅうたちのすむところ」の世界で、さまざまな「かいじゅう」(Wild Thing)の行動などを通じて描かれる。
映画全編を通じて感じられたのが、この孤独感と破壊への衝動だ。

「かいじゅうたちのいるところ」世界は少年のこころが生み出した世界であり、そこで少年は自分自身と向き合い、対話をする。そして、旅にははじまりと終わりとがあり、終わりには新たな視点をもってものごとを見ることができるようになる。それによって、孤独感と破壊への衝動に対する癒しがもたらされる。

  • このエントリーのカテゴリ : 映画
ナチス・ドイツ時代の実在の人物、エリック・ヤン・ハヌッセンとユダヤ人の伝承として伝えらている鍛冶屋の青年ジシェとを描いたドイツ=イギリス合作の映画。(2001年)
ヴェルナー・ヘルツォーク監督。

エリック・ヤン・ハヌッセンについては、前川道介著 「アブラカダブラ 奇術の世界史」 (白水社)のP.227~250に書かれている。予言、クレボヤンス(透視:日本でいう千里眼)や読心術、催眠術を得意としたメンタリスト。ヒトラーともかなり近いところにいて、彼の夢はナチスのオカルト省の大臣になることであったらしい。

この映画ではステージの一部が再現されていて興味深い。
ただし、催眠術にしてもメンタル・マジックにしても、仮にできたとしても私はやりたくないタイプのパフォーマンスではあったが。
いずれにしても当時のステージを想像するのには良かった。

メンタルマジックは、1848年3月のフォックス姉妹によるハイズビル事件の流れをひく近代スピリチュアリズムを遠い源泉として持つ。ハヌッセンのパフォーマンスもその伝統に従ったものであると思われるが、それを現代でそのまま演じているのを見るのはあまり好きではない。
人の不安や恐怖をあおるところがどうしても気に入らないからだ。多くのカルト教団や占い師などがそのテクニックを使っていたりするのも気になる。テレビではいわゆる「超能力番組」や「超常現象番組」として形を変えて放映されていたりするのだけれども...

それはさておき、特段盛り上がりがあるという映画ではないのだが、全編にわたり映像と音楽が美しかった。ベートーベンのピアノ協奏曲が耳に残る。

  • このエントリーのカテゴリ : 映画
イギリスBBC制作のテレビ映画 (2004年)。
ミステリーの歴史に燦然と輝くアガサ・クリスティの失踪を中心として描かれたものだが、アメリカ映画の「アガサ/愛の失踪事件(1979)」とは別の作品。
監督:リチャード・カーソン・スミス 主演:オリヴィア・ウィリアムズ

「アクロイド殺人」で有名作家となっていたアガサ・クリスティがある日突然失踪し、遠くで発見される。その謎をあかそうと、医師による催眠が行われる...
こうして書くとドラマチックに見えるが、いかにもBBCらしく、ベースになっているものはアガサ・クリスティの人生をその著作群とともに描くという教養番組的な内容。
インタビューのシーンとカットバックが多いので、物語の中に引き込まれるという感じではなかった。

興味深かったのは、エルキュール・ポワロの人物像を創造するところ。いい演出だと思った。

失踪時の記憶を取り戻させようとして催眠を用いるのは、その当時のイギリス医学会で信じられていたものだろうか。
現代でもそういうことを主張する人がいるので、そうした俗説には注意が必要だ。
人間の記憶と想起のしくみは、ビデオテープを再生するようなものではないことが知られている。

また、ハリー・ポッターシリーズではロンの妹ジニー役のボニー・ライトがアガサ・クリスティの少女時代を演じている。


  • このエントリーのカテゴリ : 映画
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。