07 月<< 2009年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「催眠話法コース」 (Hypnotic Language Course)は、会話の中に催眠的なことばづかいを自然に取り入れられるようになることをねらいとする、メールマガジンによる教育プログラム。イギリスのSalad社が提供している。 (無料)


 ___したら、どういう感じなのでしょうね?


  どんな感じでしょうか? 
  これはフェアな質問で、それを知ろうとしたら、
  少なくともあなたは私のたずねたことを
  想像する必要があります。
  
  ・あなたが深くリラックスに身をゆだねたら、
   どんな感じでしょうか?

  ・あなたがベストと感じる身体の部分と
   連絡できているとき、
   どんな感じでしょうか?

  ・こうした言語パターンを
   巧みに使っているところを想像したら、
   どんな感じでしょうか?



  想像上の体験と、
  その体験に結びついた感覚とを連携しようとしている。
  
  上記のパターンに用いられている想像上の体験は、
  いずれも良い状態を示すもの。

  その状態を想像する過程そのものが誘導になっている。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
ヴァージニア・サティア (Virginia Satir) 
1916 年 6 月 26 日生、1988 年 9 月 10 日没

家族療法アプローチで知られた著名な米国心理療法家。
 主な著書:
  『合同家族療法』(1964)
  『人々を作る』(1972)
  『新・人々を作る』(1988)

サティアの言葉。

“Life is not what it's supposed to be. It's what it is.
 The way you cope with it is what makes the difference.”

「人生とは、こうあるべきというものではなく、現状そのものである。
 それに対処するあなたの方法が、違いを生み出す」

「低い自尊心は、関係に問題をもたらす」

「困難なケースが最高の先生である」

彼女は、家族をシステムとしてとらえ、家族間の相互作用の中での
コミュニケーション改善よるセラピーを行った。
当時の家父長的な家族制度によって
つらい思いをしている子供たちの側に寄り添う形で。

以下の「権利の目録」は、子供たちだけではなく、
<なかなかノーと言えない>人などにとっても
救いの手となる言葉だろう。

   「権利の目録」


 ・誰かが私のすること、言うこと、考えること、
  感じることを嫌うからといって、
  自分に罪の意識を持つ必要は無い。

・怒りを感じたり、
  反射的に怒りを表してもかまわない。

 ・意思を決定する際に全責任を負う必要はない。
  特に、他の人々が責任を分担し合っている場合は
そうである。

 ・「分からない」と言ったとしても、
自分が馬鹿だと思ったり、
  罪を感じなくてもよい。

 ・「知らない」といっていい。

 ・「ノー」と言っても罪の意識を持つ必要はない。

 ・「ノー」と言ったからといって、
謝ったり言い訳する必要は無い。

 ・他人に何かしてもらう権利がある。

 ・他人から頼まれたことを断ってもいい。

 ・他人にいいように操られたり、指図されたり
  不公平な扱いを受けたと感じたら、
  それを相手に告げていい。

 ・負担が増えそうになったら、
悪いと思わずに断わっていい。

 ・他人の行動に悩まされたら、
それを相手に告げていい。

 ・あくまで正直であっていい。

 ・自分の過ちに対して自分が責任をとることができる。
  したがって、間違いを犯してもいい。

 ・全ての行いを、みんなから好かれたり、
賞賛されたり、
  尊敬される必要はない。



また、次のような詩もある

    「無条件の愛」  


 わたしはあなたを
 束縛せずに愛したい
 判定せずに称賛したい
 侵入せずに結ばれたい
 強制せずに誘いたい
 後ろめたさなしに別れたい
 責めることなく評価したい
 見下すことなく助けたい
 あなたも同じようにしてくれたら
 ふたりはほんとうに出会い、
 おたがいを豊かにできるでしょう




My Declaration of Self-Esteem  (自分を大切にする宣言)


I AM ME  「私は私」


In all the world, there is no one else exactly like me
Everything that comes out of me is authentically me
Because I alone chose it - I own everything about me
My body, my feelings, my mouth, my voice, all my actions,
Whether they be to others or to myself - I own my fanatasies,
My dreams, my hopes, my fears - I own all my triumphs and
Successes, all my failures and mistakes Because I own all of
Me, I can become intimately acquainted with me - by so doing
I can love me and be friendly with me in all my parts - I know
There are aspects about myself that puzzle me, and other
Aspects that I do not know - but as long as I am
Friendly and loving to myself, I can courageously
And hopefully look for solutions to the puzzles
And for ways to find out more about me - However I
Look and sound, whatever I say and do, and whatever
I think and feel at a given moment in time is authentically
Me - If later some parts of how I looked, sounded, thought
And felt turn out to be unfitting, I can discard that which is
Unfitting, keep the rest, and invent something new for that
Which I discarded - I can see, hear, feel, think, say, and do
I have the tools to survive, to be close to others, to be
Productive to make sense and order out of the world of
People and things outside of me - I own me, and
therefore I can engineer me - I am me and


I AM OKAY

© Virginia Satir, 1975.

(冒頭のところの訳)

 世界中に私と同じ人はいない
 私に少し似ている人はいるだろうが
 しかしまったく同じという人はいない
 それだから私が示すすべてのことは私から出る
 なぜなら私がそれを選んだのだから



 私は私、そして、私はOK



  世界でたった一人の自分を大切にしよう。


また、ヴァージニア・サティアについてさらに勉強してみようと思ったら、
次のリンクをご参照。 (英文)
    ↓
初心者のためのサティア
  • このエントリーのカテゴリ : 心理
「催眠話法コース」 (Hypnotic Language Course)は、会話の中に催眠的なことばづかいを自然に取り入れられるようになることをねらいとする、メールマガジンによる教育プログラム。イギリスのSalad社が提供している。 (無料)


どれだけ早く__できますか?


あなたができるかどうかではなくて、
どれだけ早くできるかということを聞いているのです。

・どれだけ早く、
トランスの効果に気づき始めることができますか?

・どれだけ早く、
あなたが無意識のレベルで変化をしていることに
気づき始めることができますか?

・どれだけ早く、
こうした言語パターンの利点を本当に得心することを
想像できますか?



上記の文は、表面は疑問文の形をとっているのだが、
実際は命令文になっている。 
たとえば「トランスの効果に気づき始めなさい」というように。
ところが、命令文でこれを伝えると反発を受ける蓋然性が高い。
疑問文にすることで受け入れやすい形にしている。

また、「どれだけ早く」ということを問題にしていて、
「できるかどうか」ということは問題にしていない。
これによって「___をする」という以外の選択を排除しようとしている。

単純な命令文を二段階で変形し、
反発をそらしながら肯定的な反応を得ようとする巧みな言い回しである。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
昭和初期の霊術家による精神療法の分類。
(昭和6年くらいのもの。)
リストされているもののうちで、現代に生き残っているものもあり、
また、形を変えて行われているものもある。

百花繚乱というか百家争鳴というか...あるいは百鬼夜行
その点においては、
現在の状況とあまり変わりないようにも感じられる。

松原咬月による精神療法の分類 (「霊術講座」 洗心会本部より)

 1. 心理療法
  クー工式自己暗示療法、精神分析合成療法、
  剃刀療法、マヂナイ療法、熱湯療法、
  クリスチャンサイエンス療法、霊示療法、稼働無想療法、
  慰籍歓楽療法、環境転換療法
 2. 観念療法
  哲理療法、渡辺式心霊治療法、神秘流心力波及術、
  精神霊動術、自彊療法、
  熊嶽術、霊智学隠秘教療法
 3. 人体放射療法
  人体ラジウム療法、霊光療法、霊感透熱療法、
  プラナ療法、リズム回元術、
  太霊道霊子療術法、霊気療法
 4. 修養療法及び強健術
  岡田式静坐法、二木式呼吸法、
  藤田式調心調和法、清水式精神統一法、
  相馬式自己催眠法、横井式精神統一法、
  江間式心身鍛錬法、西式強健術
 5. 交霊療法
  交霊術療法、天霊術、心源術
 6. 理学的精神療法
  霊掌術、小山式血液循環療法


  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
ダレン・ブラウン (Derren Brown) のDVDから、
 Tricks of Mind の内容についてその一部を紹介する。

エピソード1の内容:

 1.Phone Booth - South Bank
    公衆電話が鳴りだす。
    男がその電話をとって、受話器を耳に当てる。
    次の瞬間、男は崩れるようにして眠ってしまう。

 2.Taxi Part1
    ロンドンのタクシー運転手には、道をよく覚えていないとなれない。
    運転手に有名な観光スポットである観覧車(ロンドン・アイ)
    に行くよう指示する。
     「おもちゃの車の車輪をなくしちゃって..」といった会話をしたり、
    運転席と後部の座席を隔てるアクリル板を叩いたり(驚愕法)して
    会話を続けているうちに、運転手は観覧車の近くまで来ていても
    観覧車を認識することができなくなっている。
      
       (注)「車輪をなくしちゃって..」という会話の背景
         観覧車(ロンドン・アイ)は、別名Big Wheel (大車輪)と
         いう名で親しまれている。
    
 3.Fry's Delight
   カードマジックのパフォーマンス。
   心に思ったカードを消失させる。
   ちょっと一服とタバコに火をつけると、それが思ったカードだった。

 4.10P Mind Reading
    通行人に10ペンスで読心術を教えると宣伝し、
    相手のこめかみに手をあてることで
    思った友人の名前を当てさせることに成功する。

 5.Taxi Part2
    Part1のところで説明した内容。
    目的地である観覧車は大きく見えているが、
    タクシー運転手は気づかない。

 6.Fingers
    指を身体の後に回したり、ポケットに入れたりした状態で
    何本の指をだしているのか当てる。

 7.Chess
   9人のトップクラスのチェス棋士とのチェス多面差し。
   ダレン・ブラウン自身のチェスの腕前は定かではないが、
   解説編で説明されている方法を使うことにより、
   4勝3敗2引き分けという結果となる。 
     (一般人でもある程度再現可能と思われる。)
   そして、面白いのが残った駒の数を予言しているところ。
   メンタリストとしての特徴が良く表れている。

 8.Phone Booth 2
   先ほど眠り込んでしまった男が起き上がる。
   
これはTV番組を編集して作成されたDVDであり、
イギリスのチャンネル4で放送された内容の1回分にあたる。

このような感じのTV番組であり、ちょっと意地悪に見える演技もある。
ダレン・ブラウンが「心を操る悪魔」という異名を持つのは
その影響が大きいものと思われる。
ダレン・ブラウン (Derren Brown)の著書の中で
まず一冊を読むのであれば、
Tricks of the Mind と題されたこの本を読むと良いだろう。

目次は以下の通りで、
自分の体験談に続いて各項目の解説が記述されるスタイル。
解説文はオーソドックスな感じを受ける。

懐疑主義、マジシャン、記憶術、催眠術、読心術、ニセ科学批判と
彼のスタイルを理解する上では欠かせない一冊だと思われる。

前書き

第一部 幻想の崩壊
  幻想の崩壊
  真実と嘘

第二部 マジック
  コイン・トリック
カード・トリック
   認知することがすべて
   暗示を付加したトリック
      ・振り子
      ・筋肉の動きによる読心術

第三部 記憶術
記憶
出発点
リンク・システム
  ・リンク・システムの使用
ロシ・システム
   ・記憶の宮殿
ペグ・システム
  ・長い番号を覚える
       ・ひと組のトランプを記憶する
       ・サッカーのスコアを記憶する
名前を覚える方法
再確認の重要性

第四部 催眠術と被暗示性
  歴史の概要
催眠とは何か
特有に見える催眠現象
  ・無痛外科手術
・幻覚
催眠術のかけかた
  ・危険性
・言葉づかい
・催眠セッションの構造
  ・被験者を準備して
・後催眠暗示
   神経言語プログラミング(NLP)
  ・目にあらわれる(ときどき)
  人が変化するためのツール
・目標とされるラポール
・絵をいじる
・恐怖症を治す
・自信とイメージ
・混乱と自己防衛

第五部 無意識のコミュニケーション
読心術を学ぶ
斥候は伏せ、無料の新聞は伝える
・基本線を確立する
・無意識のコミュニケーションのキー・エリア
  ・自分の正確さをテストする
  ・真実性を示すサイン

第六部 反科学、疑似科学と悪い思考法
  思考のワナ
科学と相対主義
  ・科学についての不安
超常現象と疑似科学における信念
  ・確証バイアス
  ・並はずれた偶然の一致と心霊的な電話
  ・逸話と事実
  ・迷信的な思考
  代替医療
  ・プラセボ効果
  ・想像の魅力
霊媒、霊能者と山師
  ・コールド・リーディング
  ・コールド・リーディング・トリックの実例の追加
  ・「正直な」霊能者

おわりに

手紙のやりとり

読書案内



Tricks of the MindTricks of the Mind
(2007/10/08)
Derren Brown

商品詳細を見る
ダレン・ブラウン (Derren Brown) のDVDから、
 Inside Your Mind の内容について概要を紹介する。

分りやすい内容でもあり、また、彼の特質が良く示されたものでもある。

シーン・リストは以下のとおり。

・Tube   Tubeはロンドンの地下鉄の総称。
      乗客に降車駅を忘れさせる。
        埋め込み暗示がどのように使われているか見ると良い。

・Envelope どちらかの封筒にお金が入っているといい、
       それを当てさせる。
       カードで行うモンテやスリーシェルゲームなどを思わせる。
       誘導の言葉やテクニックなども参考になる。

・CASINO 記憶術を利用して、カジノで大勝する。
       記憶術の説明もある。

・Tube2  乗客に降車駅を忘れさせるパフォーマンスの後編。
       失敗例も紹介されている。

・CASINO2  一目で正確に何枚かのカードを切り分ける他、
         ポーカーゲームのデモンストレーションを行う。
        マジシャンとしての技術を見せている。

・Ghost Train 遊園地のお化け屋敷のオペレーターに
         これまで味わったことのない恐怖を味わせる。
         埋め込み暗示に留意すると良いだろう。

・Assault Course 目隠しをして、声を頼りに危険なコースを歩く。
          目隠しのスタントはメンタリストの必須科目
          みたいなものだが、どのようにミスディレクションが
          なされているかがみどころ。

・Models 美人モデルに気に入ってもらうための言葉を選び、
      的確な言葉を話しかける。
      なぜその言葉なのかというのがポイント。

・Forest オカルト的な演出。
      影が身体に触れるような感覚を与える。
      場面の設定、誘導する言葉に注目。

・Library 図書館の中の1冊の本を選び、
       その特定ページの記述内容を言いあてる。
       メンタリストにはおなじみのブックテストだが、
       演出がみどころ。

・Asylum かつて精神病院として使われた建物が場所設定。
    メタルベンド(いわゆるスプーン・フォーク曲げ)などを行う。
      
・Oxford 観客のひとりに、どんな絵が描かれているか当てさせる。
      いわゆるテレパシーのパフォーマンス。

・Grey Hounds   ドッグレースでのハズレ券を交換所に持って行き、
           それで配当を受ける。
           埋め込み暗示や驚愕法などの技法がみどころ。

・Table Dancers 実際には身体に触れていないのに
          触れるような動作をしたら「触られた」と感じる。

・Grey Hounds2 ドッグレースでのハズレ券で配当を受ける
          パフォーマンスの後編。

・Needle  被験者の手の甲に針を刺すが、
       彼はまったく痛みを感じない。
       場面設定と誘導の言葉がみどころ。

・Art Gallery  観客のひとりに、
          どんな絵が描かれているか当てさせる。
       いわゆるテレパシーのパフォーマンス。
          ダレン・ブラウンの自筆の絵が用いられている。

・Ad Agency 広告代理店に広告を依頼する。
        出来上がってきた広告は、
        封筒の中に予言として描かれている。
        いわゆるサブリミナル効果を皮肉に描いており、
        それがミスディレクションにもなっているという
        興味深いパフォーマンス。

DVD : Inside Your MInd はこんな感じ
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。