02 月<< 2010年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は寒かったけれど、久しぶりに日曜日にお出かけ。
府中美術館で開催されている歌川国芳の展覧会を見てきた。

府中市美術館


国芳の画業を時代順に追ったり、テーマにそった展示を楽しんだりたっぷり楽しめる展覧会。
代表作も多々展示されていて、見ごたえがあった。もちろん、お目当ての「相馬の古内裏」(がしゃどくろの妖怪の図としてよく知られている)もゆっくり時間をかけて見た。

100点以上の作品。
会場はすいていて、ゆっくり見て回ることができた。
照明も適度に落としてあり、落ち着いた感じだ。

紺色や若草色、青に江戸の粋を感じることもできたし、国芳特有のダイナミックさやユーモア、だまし絵、判じ絵なども楽しかった。観賞するというより楽しんで見るというのが良い。

ふと思ったのは、テレビやインターネットなどであまりにも手軽に情報が手に入ることが幸せなことなのだろうかということだ。そんなものが無かった江戸時代では、こうした錦絵などを見ながら想像を膨らませるのが自然なことだった。また、語りのうまい人は一枚の絵をもとにして物語を長々と語ったことだろう。その点は、見たらおしまいというテレビやインターネットのお手軽さとは違っている。

国芳のダイナミックさ、ユーモア、トリック、サービス精神なども堪能できる。
これで入場料600円は安すぎるくらいの感じだ。猫の絵もユーモラスで可愛い。
猫好きの人、江戸の粋を楽しみたい人、浮世絵の好きな人、アニメの好きな人にもオススメ。

展覧会は前期(3/20-4/18)と後期(4/20-5/9)に分かれていて、展示品の入れ替えが行われる。前後期を通じるとおよそ230点もの国芳の作品を見ることができる。
これは後期も行ってみたい。

帰りには府中の森公園を散策。桜並木もあったが5分咲き程度。来週は見ごろだろう。
なかなか良い散歩となった。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : アート
学生であれば、多くはこの時季に卒業する。
企業で定年を迎える人もこの時季に会社を去る。
いずれにしても、その後には新しい生活が待っている。

人は別れと出会いを繰り返し、成長していく。
心身ともに成長を感じるのは一定の年齢までであるかもしれないが…

4月から新しい生活を始める人にとっては、4月始まりの手帳は良いだろう。
真っ白なページにこめる期待。
そこには可能性と夢とが広がっている。

ふと、自分は何かから卒業するだけのものをこの一年で手にしただろうかなどと、ぼんやり思ってみたりもする。
薄い桜の花びらの一片のように。

年年歳歳花相似  (年年歳歳花相似たり)    
歳歳年年人不同  (歳々年々人同じからず)

  *毎年毎年 花は同じように咲く
   しかしながら、毎年毎年 人は同じではない

そうしたよしなしごとを感じる季節。
結局、自分はあまり成長していないのだろう。
それでも、4月からはまた気分を変えていこう。
飛行機に乗っていると、タイトルのようなことを客室乗務員から聞かれることがないだろうか?
この言葉が使われるのは、機内食を食べ終えたあたりが多い。
「コーヒーにしますか?それともお茶?」ということなのだが、
これは立派な(会話による)催眠の言葉。

あまりにも当然のような言い方で話されることの多い言葉だから、コーヒーか紅茶以外の返答はしづらい。
食後の飲み物なので、ほとんどの場合(多分80%以上)はその2種類でこと足りるだろう。
いちいち考えて別のものを注文するのもめんどうくさい気もするし。
というわけで、他の選択肢(たとえばほうじ茶、ココア、ノンカフェインの飲み物など)は自然に消されることになる。

これで選択肢が3つくらいになると、かなり多くの人の嗜好は満たされるだろう。
いよいよ他の選択はしづらくなる。
その一方で、その言葉を言われた方は、「自分の自由な意思でそれを選択したのだ」という気持ちが強くなる。

このような言い回しをしかける方には実に都合のよい話し方だ。

ただ、食後の飲み物のようなささいなことであればさして問題はないのだが、
政治や経済に関すること、自分の生活に大きな影響のある決断をせまられる場合にはどうだろうか?

最近のマスコミの報道も、'Coffee or Tea?'式になっていないか振り返ってみることも必要ではないかと思った。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。