09 月<< 2010年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6章 ナンシー派の勃興

 それからフランスにおいては、先にも述べたとおり、リーボールがナンシー医大で暗示の新説を唱え、ナンシーの医師たちはリーボールの節に従って催眠術の研究をなすに至り、その結果、催眠学の上にナンシー派と称する一派が起こった次第だが、このときに至るまでは催眠術の研究はいまだに一般学者の注意をひきに至らなかった。ナンシー派が起こって、初めて一般の学者が催眠術の研究に注意を向けるに至った。だから、催眠術というものは、その40年ほど前にブレードによって発見されてはいたが、科学的基礎を得るに至ったのは、すなわちナンシー派が起こってからである。

 ナンシーの医学教授でベルンハイムという人がいる。この人はナンシーの実験室の主監デュモンという人に初めて誘導されて、催眠術の研究をすることになった。それからリーボールと一緒に研究をしていたが、ついにリーボールの説を採った。1884年、ベルンハイムは暗示に関する著述'De La Suggestion'を出版して、その研究の結果を公にした。この書において、ベルンハイムは催眠術が治療の上で効果をあらわした種々の実例をあげ、そして、催眠術の現象というものは、まったく心理的性質のものにすぎないということを論じている。ベルンハイムのこの書は、ナンシー派の催眠学説を知るのにきわめて有益なものである。

 この他、ナンシーにおいては、生理学者でボーニという人が生理学的方面から催眠術を研究して、催眠術の生理に関する著述をしている。また、ナンシーの法律家でリージアーという人は、法律上の観点からこれを研究して、催眠術と法律との関係を詳しく論じている。(この点については、『学理応用催眠術自在』第6編をご参照。)

 このようにナンシーに有力な研究家があらわれ、種々の方面からさかんに催眠術の研究をし、リーボールの学説を主張したので、結果としてパリのシャーコー派とナンシー派の間に論争を生ずるに至った。ナンシー派はますますその学術的基礎が固くなり、だんだん勢力を得て、ついにシャーコー派の根拠地であるパリにおいてすらも、大いに勢力を有するに至った。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
bluefoxleo

神田古本まつりが開催されている。 http://bit.ly/3BffyM 台風で30日(土)のイベントが中止となったものも。 http://bit.ly/cIua1M WEBでクリックして本を買う時代だが、ここにはそれ以外のものがある。本との出会い。来週あたり行きたい。
10-29 20:30

第4章 ドイツにおける催眠術の研究

 1880年ごろになって、ドイツにおいても、催眠術を学者が続々輩出してきた。ヴァインホルド、オピッツ、リュールマン、ハイデンハイン、ベルゲンなどである。これより以前に動物磁気術を行うオランダ人でハンセンという人がドイツに訪れ、動物磁気術を公衆に見せたことがあったが、前述の学者たちはそれに刺激を受け、自ら催眠術を研究することになったのである。また、ライプチヒの生理学者でツェルマックという人が、動物について催眠術の研究をしており、1872年にその研究結果を出版した。ベルリンの生理学者でプライエルという人も同一の研究をしたのだが、その後久しく続かなかった。
 1880年ごろには、多くの学者が競って催眠術の研究をなすに至ったのだが、その運動もわずかに一時の流行にすぎなかったので、たちまち止んでしまった。その後は、ただひとりプライエルがしばしばブレーディズム(ブレードの催眠術)の必要を説いていたにすぎない。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
bluefoxleo

RT @DerrenBrown: Why shaking someone’s beliefs turns them into stronger advocates http://bit.ly/aBdqXG 他人の信念をぐらつかせようとすると却ってその信念を強めてしまうのはなぜか?
10-26 21:09

bluefoxleo

RT @anja_emerson: Why scent often triggers memories and nostalgia: http://bit.ly/cr7Waq #psychology 香りと記憶の連合について。「皐月待つ花橘の香をかげば 昔の人の袖の香ぞする」 
10-25 21:31

バッハ無伴奏チェロ組曲を聴く。 演奏:パブロ・カザルス http://amzn.to/aXGlY8
10-25 21:09

bluefoxleo

NHK日曜美術館 『夢のブリューゲル 傑作10選』 http://bit.ly/bfEMs8 とても興味深い内容だった。風刺やユーモア、幻想それに人間性を感じられる絵は良いなあ。
10-24 09:57

カーター・ディクスン 1941年の作品。原題は、Seeing is Believing (「百聞は一見にしかず」)。

催眠術の実験を殺人のモチーフに使っている。実験は、被催眠者が催眠術師の指示に従うことを証明するために、ピストルとゴムの短剣を使って行われたのだが、被催眠者は催眠状態でその夫を短剣で刺殺してしまう。ゴム製の短剣がいつの間にか本物とすり替えられていたからだ。ヘンリー・メルヴェル卿がこの事件の解決に乗り出す。

これは小説だが、被催眠者にゴムの短剣で刺すように命じる実験は現実に行われたことがあるらしい。その正当性はよく検証する必要があると思われるが、Dr. Armen Victorianによる’Mind Controllers'には、以下のような記述がある。CIAによるマインドコントロールの実験ということである。

P. Janet asked a deeply hypnotized female to commit several murders before a distinguished group of judges, stabbing some victims with rubber daggers and poisoning others with sugar tablets. The hypnotized subject did all these without hesitation. P. 158, 160

(訳)P.ジャネットは、深い催眠状態にある女性に、審判員の目前でいくつかの殺人をしてみるよう指示した。それは(ゴムの)短剣で被害者を刺す、(実際は砂糖玉の)毒を他人に呑ませるというものであった。被催眠者はこれらすべてをためらいもなく行った。


Mind Controllers サマリー

この一方で、それが被催眠者に「ゴムの短剣」、「砂糖玉」であるとわかっていたから被催眠者は安心してそれを行ったという説もある。

日本で出版されている催眠本のいくつかには、「危険なこと」「生命にかかわること」「倫理に反すること」については無意識自体がそれを拒否するなどと、何の根拠もなく書かれていることがある。そうした本は、「だから催眠は安全だ」と主張したげなのだが、そうした記述をうのみにしない方が良いと思われる。

もともと催眠を非倫理的な目的に使用すること自体がどうかしている。しかしながら、「そんなことはありえない」と主張するだけでは何にもならない。単なる願望を語ったものにすぎないだろう。「催眠を非倫理的な目的に使用してはならない」ということは正しいのだが。

この小説を読みながら、そんなこともふと考えた。この小説は1941年の出版で、古いタイプの「本格ミステリ」。密室殺人を取り扱ったもの。秋の夜長に楽しむのも良いかもしれない。


殺人者と恐喝者 (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)殺人者と恐喝者 (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)
(2004/03)
カーター ディクスン

商品詳細を見る
  • このエントリーのカテゴリ : 文学
bluefoxleo

The Psychology of Happiness: 13 Steps to a Better Life ∞ Get Rich Slowly http://bit.ly/aAXwKG
10-23 11:54

青空に浮かぶ紅き葉何もかも恕していたれば澄みし風来る
10-23 11:28

第3章 シャーコーおよびシャーコー派

この頃、パリの生理学者でシャール・リシューという人がリーボールとは全く別に催眠術の研究を始めた。リシューは催眠術とは言わず、「人為的睡遊」と称していたが、はたしてそういうものがあるかどうかということについて、1875年にパリ―でこれを論じた。リシューは催眠術というようなものが実際にあることについては反対していたのである。
 また、当時パリに神経学で有名なシャーコーという人があった。この人は1893年に死んだのであるが、催眠学の研究においては、大いに功績のあった人で、シャーコー派と称する一派ができたくらいである。シャーコーの研究した結果は、リーボールのとは全く趣を異にしており、一種の面白い現象を発見した。それは、催眠状態になるとヒステリー性癲癇のごとき一種の生理的状態が現れるということである。このように、シャーコーは催眠現象をほとんどヒステリーの徴候のようなものだと考えていた。
 パリの神経学者でポール・リシュールという人も、シャーコーと同一の傾向を以て、催眠術について多くの実験をした。その実験結果は1881年にLa grande hysteriaという書に記されている。
 それからシャーコーの説をとった学者には、パリの心理学者ビネー、神経学者フェレー、バビンスキーなどがいる。多くの学者がシャーコーの説をとって催眠術の研究をするに至ったから、シャーコー派と称するものは一時勢力を得た。

 (注)ここで書かれているシャーコーは、ジャン・マルタン・シャルコー。パリのサルペトリエール病院で催眠の研究を行っていた。多くの学者によるシャーコー派は、病院の名をとってサルペトリエール派とも呼ばれる。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
第2章 暗示説の発見者リーボール

 前述のように、ヨーロッパで盛んに研究されるようになったが、医学社会では歓迎されなかった。

しばらく経つと、フランスにリーボールという熱心な研究家が現れた。彼はメスメルの動物磁気説を研究し、また、ブレードの催眠術も研究して、両方の現象を熟知するに至った。彼は動物磁気説を捨て催眠説を取り、前者を排斥した。さらに催眠術の精密な研究を積んで、科学的暗示療法の創始者となった。彼は後にいたり、ナンシーという場所で暗示の新設を唱え、ナンシー派と称する学術的な一派を開き、催眠術の歴史に新紀元を作った。催眠術に関する書'Du Sommeil'は、1866年に出版された。


(注)ここで書かれているリーボールは、オーギュスト・アンブロア・リエボーのこと。たんにリエボーと表記されることもある。彼は開業医であったが、貧しい人に無償で催眠療法を行っていた。
  同じ医師であったベルネームと提携し、フランスのナンシー医学大学で催眠研究を行った。リエボーとベルネームの研究グループは、ナンシー学派と呼ばれた。
 

 
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
ポーカーギャンブルとペテンをテーマにした2003年製作の米映画。

スタローンなどのキャスティングにはちょっと疑問がないでもないけれど、ストーリーは面白い。「シンシナティ・キッド」のような緊迫感は薄い代わりに早いテンポで進むところが現代的かもしれない。ペテンをテーマにした映画には面白いものが多いと感じる。人の心理のウラ側をついているからだろうか。

この映画では、登場人物の名前に、ラリー・ジェニングス、バーノンといったものが出てきたり、ロケ地のマジック・キャッスル(ロサンゼルスのマジック倶楽部)で「教授」と呼ばれる男が登場したり、ストーリーは別にしてマジック好きな人には楽しめるところも多い。
とくにオープニングのところが、いかにも昔の映画ふうで洒落ていて良い。

動画は「シェイド」のオープニングのところと名作「スティング」の一部をつなげたリミックス。



ところで、こうしたギャンブラーのテクニックをあかした本として、「プロがあかすカードマジック・テクニック」という本がある。実在のギャンブラーによるもので、「カードテーブルでのいかさま技法」「マジックに使用する技法」「カードマジック」の3部構成になっている。日本ではポーカーなどのカードギャンブルはさほど広がっていないが、海外の小説などにはよく登場するので、そのウラ側を知っておくのも悪くないだろう。


プロがあかすカードマジック・テクニック (復刊版)プロがあかすカードマジック・テクニック (復刊版)
(1989/10)
S.W. アードネス

商品詳細を見る
第一章 ブレードの催眠術初めてフランスに入る

  ブレード(James Braid)の発見は、1859年にフランスに輸入された。パリの学者らは、はじめてメスメルの説とは違った催眠術の新説を知るにいたった。
 
 その後、欧州の各地で催眠術を外科手術に用いて、疼痛を感じさせずに手術を行うことがなされた。その一方では、催眠術を外科手術に用いることの価値が少ないという医師たちもいた。
催眠術はいまだ医学会一般に採用されるには至らなかった。

 パリの医師でラセグーは、1865年に面白い現象を発見した。それは、被術者が催眠されて目を閉じると、不随状態になるということである。これは興味深い発見ではあったが、医学社会において誰も深く注意を向けるものがなかった。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
「実用催眠学」は明治36年(1905年)に刊行された。
著者は竹内楠三。
当時の広告を読むと、『催眠術の原理を説きその実用方法に関して何人も実行すべき様平易の文字を以てこれを説明す、実に催眠自在と併読せば催眠術博士となること蓋し疑なし。』と書かれている。
明治36年からの催眠術ブームのきっかけとなった本のひとつである。

諸論においては、医術(臨床)と医学(基礎学理)の組み合わせと催眠術と催眠学との対比をしている。
「現今の医術に一定の学理あるが如く、現今の催眠術には、また一定の確実なる学理がある。」
と述べている。
その学理というのは、「催眠現象は暗示によって引き起こされる」という学説が主となるもの。

次いで、催眠の歴史について語られる。
第一期:<魔術期> 催眠術が魔術とか奇能(特別な能力)と考えられていた時代
第二期:<メスメルの登場から> メスメリズムの時代-約70年
第三期:<ブレードの影響> ブレードの研究の影響-約35年
第四期:<シャルコー派> ヒステリー患者の治療に催眠が用いられていた
第五期:<ナンシー派> 催眠が暗示の作用によるとの新説
その後約20年を経て「実用催眠学」が刊行された。

序文に引き続くこの諸論を読むだけでも、当時は催眠について科学的研究を行おうという姿勢がうかがえる。ひるがえって21世紀の日本の状況を見ると、一部に科学的研究の指向はあるものの、催眠についてオカルト的ないしはスピリチュアル的な方向から語られることが多いように見受けられる。まるで100年以上前に戻ったかのような非科学的な主張がWEB上のあちこちに見かけられる。そうした主張をする人たちは、きっとこの本は読まないだろう。基礎の裏付けがない主張は危うい。そうしたことなどを思いながら、ときにこうした古い書を読むのは、基本にたちかえるきっかけともなる。


「実用催眠学」 竹内楠三

  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
マジックをテーマとした小説を探していて、ブックオフの105円の棚で見つけたので読んだ。

双子の兄弟がテーマパークで誘拐される。ジャーナリストの父親は子供の行方を追って、フロリダ、ニューオーリンズ、ラスヴェガスなどの各地を飛び回る。情報が集まるにつれ、いくつかの殺人事件に関連性があることがわかってくる。事件がマジックに関係していると気付いた父親はロサンゼルスの「マジック・キャッスル」を訪ねる。

いくつかのクラシック・マジックの演目もモチーフになっていて、それに関する記述もある。
また、ブードゥー教の呪術性もスパイスになっている。

作者のジョン・ケースという人はよく知らなかったが、サスペンスを盛り上げる筆力もあり、エンターテイメント性もあるので楽しく読めた。いったん読み始めたらなかなか止まらない。



殺人マジック (ランダムハウス講談社文庫)殺人マジック (ランダムハウス講談社文庫)
(2006/06/02)
ジョン・ケース

商品詳細を見る


 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。