05 月<< 2011年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤電車の中にいる時間もかなり長いので、ときどきマジックを題材とした小説も読む。多くは海外ミステリー作品だが、これは日本の小説。あえて書くとすると泡坂妻夫さん以外の作品。
松岡圭祐さんの作品は「催眠」以来。図書館で宮城谷昌光さんの小説を探していたらタイトルが目に入ったので合わせて借りてみた。

ひとことで言うと、クライムファンタジーという感じ。「お金が2倍に増える」という事件を皮切りにして、その事件を担当する刑事、詐欺師、マジシャン志望の少女などが描かれる。

プロットやストーリーは特にどうということもなく、漫画的なものだが、日本のマジック界の姿などはかなりリアルに書かれていて、モデルとなっているお店なども想像がついた。作者後記によると実在のモデルもいるとのこと。このあたり、海外ミステリー作品と違って妙な生活臭のようなものが感じられた。日本におけるマジックの地位の低さについては哀感すら漂う。

それから、マジックの世界を描くときにつきものの「トリック」問題について、作者後記では次のように書かれている。
「また、本書にはマジックについて数々の現象およびトリックが登場する。」プロのマジシャンおよびマジック愛好家のかたならお判りのとおり、すべて実在するマジシャンのレパートリーである。これについてひとこと申し添えたい。
 昨今ではテレビなどで興味本位のタネ明かし番組がさかんだが、僕はこれに反対である。マジックの歴史において、観客のに驚きと楽しみをもたらすため、知恵を積み重ねてきた先人の知恵を一笑に付すことなど、誰にもできようはずがないからである。そもそもマジックがエンターテイメントとしてどうあるべきかという目的を見失ってしまった感のある現在の日本において、指標となるかたちをフィクションを織り交ぜながら本書では描写したつもりである。そのうえで現実のトリックの解説は避けて通れない道であったが、マジックの本来の楽しみをご承知であられる観客の方々の興味を削ぐような無節操なタネ明かしはできるだけ避けてまわったつもりである。」

実際、古典的なマジックの他、いくつかの売りネタの解説も書かれている。マジック愛好家の多くにはおなじみのものだろう。そんな趣味を持った人が旅行の友として電車の中で読むための軽い読み物としては楽しめるだろう。


マジシャン (小学館文庫)マジシャン (小学館文庫)
(2003/05)
松岡 圭祐

商品詳細を見る
スポンサーサイト
○ WiKIPEDIAによるメンタリズム演目の代表例

 1.テレパシー
 2.透視(読心術・千里眼)
 3.宣託(予言)  
 4.プレコグニション(予知)
 5.サイコキネシス(念動)
 6.霊媒(降霊術)
 7.マインドコントロール
 8.記憶術
 9.速算術
 10. 催眠術

記憶術や即算術については、コンピューターや電卓などの普及に従って少し魅力が薄れてきたかもしれない。フーディニの時代には(降霊術)も流行していたのだが、現代の明るすぎるほどの照明(科学技術)がそれを消してしまった感もある。常時現在の演目として演じられることが多いのが読心術や予言だろうか。また、1970年代から流行りだしたメタル・ベンディング(いわゆる「スプーン曲げ」など)を入れることもある。

それから、カードマジックの中には、読心術や予言をテーマとするものも多い。その他、ダイ・バーノンのファイブカード・メンタル・フォースはマインドコントロールの一例ということもできるかも知れない。このあたりはカードマジックという媒体の表現力の豊かさを示すものだ。一方、いわゆる様々な種類の「カード当て」が流行したこともあり、「カード当て」=「読心術」というようなとらえられ方をすることもある。技法によっては、カードの種類などとは全く関係なく、単に手先の技術だけで「カード当て」をするものもあり、この場合は「読心術」とはかけ離れたものなのだが、観客にはそう見える。

メンタリスト(メンタリズムの演者)がカードマジックをすべきか否かという議論がなされたり、メンタリズムの演技の中にカード操作の技法を取り入れるべきか否かという議論がなされたりすることもある。現代のように電気じかけのギミックやコンピュータ、カメラトリックなどを取り入れた演技が成立するのであれば、これらはなんともナイーブな議論であるように感じられる。一般に言われているように「引き起こされる現象がすべて」「効果第一」ということかも知れないが、私自身の好みから言えば、一切の電気じかけのものはメンタリズムからは排除したい。テレビのリモコン操作、ラジコンの自動車、機械仕掛けのペン、プログラミングされている電気じかけのスレート(黒板)などがメンタリズムの演目の主流になるようではあまり面白くない。

「メンタリズム」を直訳すると「精神主義」。人のこころや感情の中で現象が起き、強い効果をもたらし、訴えかけるような演目であってほしい。機械やプログラムに比べると、人のこころのほうがずっとマジックだからだ。
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。