07 月<< 2011年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bluefoxleo

<「幸福度を上げる方法」>(1) 他人のためにお金を使う(2) 親切にする(3) 感謝する(4) 許す(5) 自分の尺度で考える(6) 細部より全体で見るようにする(7) その日の良い出来事を3つ記録する、など http://ow.ly/6ek4G
08-27 21:51

8月最後の週末。逝く夏を惜しむかのように蝉が鳴いている。振り返ってみれば、今年もとくにどこに行くでもなかったなあ。
08-27 08:47

スポンサーサイト
○ 「催眠」とは?

 多分最初に出てくる疑問だと思うのですが、統一見解のようなものはありません。
 学説も種々あります。

 
ここでは 「懐疑論者の事典」の「催眠」の項の記述から少し紹介します。(意訳です)

 ・催眠は、催眠をかける人と催眠をかけられることに同意する人とが関係するプロセスである。

 ・催眠をかけられるということは、通常、

    a) 非常に強い意識集中
    b) 極度のリラクゼーション
    c) 被暗示性の高さ
  によって特徴づけられる。

 ・催眠は、クライアントが恐怖症または悪習を克服するのを援助するために、 行動修正療法において一般的に用いられる。その他にも用途があり、それらについては一層論争の的となっている。
 
これを紹介したのは、「だいたいこういうものだ」というイメージを提示したかったからです。
催眠をテーマとした多くの本では、著者の能力を誇示したいためなのか、あるいは自分の考え方を押し付けたいためなのか、 ちょっと疑問の多い記述がされていると、私には感じられます。

その点、懐疑論者はちょっと突き放したものの見方や記述をする傾向があるので、ここに紹介しました。 
こんなことをきっかけとして、いろいろ話をしてみるのも良いと思います。
  • このエントリーのカテゴリ : 催眠
bluefoxleo

Dariel Fitzkey の'Showmanship for Magicians' 読了。1943年に刊行された本で、さすがに時代を感じる部分もあるが、単なるトリックを見せるというのではなく、エンターテイメントとしてマジックを成立させるために考えるべき要素を丁寧に解説。
08-11 19:58

bluefoxleo

「心に分別して思い顕す言語なれば、心の外には分別も無分別もなし」「言葉というは心の思いを響かして声を顕すをいう」 (安倍龍太郎「等伯」より)
08-10 08:34

 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。