FC2ブログ
11 月<< 2018年12 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>01 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタリズム

このブログのアクセス解析を見ていて気付いたのだが、土曜日(11月20日)のアクセス数が急激に増えている。Googleの急上昇ワードにもなぜか「メンタリズム」という言葉が出ていたのでなぜだろうと考えていたのだが、テレビの影響であるということがわかった。TBSテレビの『奇跡ゲッターブットバース!!』という番組がそれだった。

スポットライト・ジャパンの記事


「メンタリズム」という言葉自体があまり知られていなかったので新鮮に見えたのだろう。

ここで、WIKIPEDIAによるメンタリズムの定義に関する記述を引用する。

Mentalism is a performing art in which its practitioners, known as mentalists, appear to demonstrate highly developed mental or intuitive abilities. Performances may include telepathy, clairvoyance, divination, precognition, psychokinesis, mediumship, mind control, memory feats and rapid mathematics. Hypnosis may also be used as a stage tool. Mentalists are sometimes referred to as Psychic entertainers.


WIKIPEDIA記事全文


メンタリズムは、(使う人によっては、違うという人もいるのだが)メンタル・マジックとほぼ同義と考えてよいだろう。そして、メンタリズムを演じるパフォーマーのことを「メンタリスト」と呼ぶことが多い。欧米ではマジックの一分野をなしていると言っても良いが、日本では少ない。上記のテレビ番組でも紹介されていたイギリスのダレン・ブラウン(Derren Brown)はメンタリストの一例ということになる。

演目は、テレパシー、透視、予言、サイコキネシス、読心術、マインド・コントロール、記憶術、超速計算、催眠術というものの他、霊媒アクトもある。これは、メンタリズムが霊媒のテクニックを吸収しながら成立したという歴史を持っていることによる。

はじめてメンタリズムのパフォーマンスを見た人は、不思議に思い、それこそ奇跡と思うかもしれない。TBSもそれを狙いとしているようだが、あくまでもタネのあるマジックの一種である。この点は注意しておかないと、すぐ「超能力」だとか言い出すオカルト好きの人があらわれる。ダレン・ブラウンの演出が優れているのは、タネのない心理実験とメンタリズムとをうまくミックスさせて番組を構成している点ではないだろうか。彼自身もつねづね、いわゆる「超能力者バスター」「霊媒バスター」と呼ばれる行動をとっていることも付言しておきたい。

DaiGoさんがこの番組の中で演じた、メタルベンディング(スプーン曲げ、フォーク曲げが代表例)、シュードゥ・サイコメトリー(Annemanの原案による)、マインド・リーディングにしても、基本的なやり方は既に多くの出版物やDVDなどで知ることができる。基本的な原理やタネは、一般の人が知ってしまうと脱力してしまうほど簡単なものだったりすることが多い。メンタリズムで大切なのは演出と演技。日本の、しかもあのテレビ局というメディアの中で演じるということを考えれば、現時点ではまずまずの演出ではなかったかと思われる。(ご本人はもっとやってみたいことがあるのだろうけれど)

松田道弘さんの本には、メンタリズム/メンタル・マジックに関する一般的な注意事項が書かれていることが多く、とくに「自分が超能力者であると言ってはいけない。」と繰り返し述べられている。メンタリズムの現象はとても強烈なので、演者自身ににそんなつもりはなくても、周りの人が「教祖様」に祭り上げてしまうケースもあるのだ。「これは超能力ではないし、自分は超能力者ではない」という主張は、オカルトが大好きなテレビ局とは正反対の方向なので、普通のマジックとは違った注意が必要となる。

優れた演出と演技とを兼ね備えたメンタリズムのパフォーマンスは、なかなか日本の土壌では育っていない。なぜかオドロオドロしくなったり、気味の悪い方向に走ったりして、欧米の一流のメンタリスト、例えばオスタリンドやバナチェックといった人たちのDVDで見られるようなスッキリした味わいが感じられないことが多い。それが日本でメンタリズムが育たない理由であるのかもしれない。ユーモアと知性が感じられるような素敵なパフォーマンスを演じるメンタリストが日本でも活躍できる日が来ることを期待する次第。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。