FC2ブログ
09 月<< 2018年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】メスメル (Mesmer)

1994年のイギリス/カナダ/オーストリア合作映画。
監督:ロジャー・スポッツウッド
主演:アラン・リックマン

フランツ・アントン・メスメルを描く。日本では未公開。
18世紀のウィーン、メスメルは「動物磁気説」を唱える。動物の体内を流れる磁気の流れの偏りや滞りが病気の原因であるとし、メスメル自身に流れている磁気でその流れを調整することにより治療するというもの。映画では貧しい人々や目の見えない少女に対して「動物磁気説」に基づいた治療を行うシーンが描かれている。
もちろんこの治療法は非科学的なものであり、メスメル自身もその効果が暗示によって引き起こされているということがわからなかった。呪術的、オカルト的な儀式に近いものである。ウィーンの医師たちはメスメルの治療法を「大衆を惑わすもの」として、否定した。

メスメルはウィーンを去りパリへ移住する。当時のフランスはルイ16世とマリー・アントワネットの時代。メスメルはパリで成功を収める。貴族や資産家などの有力者に支えられ、サロンにおける名士にもなる。「宇宙調和協会」という結社も主催し、フランス革命前夜の思想にも影響を与えた。しかし、1784年、フランス王立科学アカデミーはベンジャミン・フランクリン、化学者のラボアジェ、ギロチンの発明者ギヨタン博士などによる調査委員会を組成し、「メスメルの主張する現象は、人間の想像力によって引き起こされる現象であり、動物磁気の存在を証明するものではない」と結論づけた。

この映画はメロドラマ的なトーンで描かれており、特に大きなヤマ場というものもない。アラン・リックマンはメスメルの妖しさをよく演じているが、全編を通して暗い色調で、苦しみと悲しみの多い映画であるように感じられた。

  • このエントリーのカテゴリ : 映画

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 

全記事表示リンク

 
 

検索フォーム

 

プロフィール

青狐レオ

Author:青狐レオ
催眠や心理学について研究しています。 テーマは「催眠」「心理学」「精神医学」「コミュニケーション」など。その他には、マジック、アート、インプロ、映画にも興味があります。

 

QRコード

QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。